49人以下の中小企業のストレスチェック制度

2015-11-12

過去メルマガの転載です。もしお役にたちましたら幸いです。

■==============================■
■9/17のustreamで無料配信ライブ講座リンク
https://youtu.be/46FiP68U_oc
■==============================■
■不安とストレスで悩まない技術を身につける入門講座
■【金沢、名古屋、大阪、東京、福岡、山形、鹿児島で開催予定】:https://jsca.co.jp/semi/
■==============================■
■2016年1月29日 福岡特別講座開催決定
http://hyuman.link/?p=456
■3つの講座が1日で体験できます!懇親会もあります。
■不安とストレスで悩まない7つの習慣
■ストレスチェック制度対策ここだけの話(福岡特別版)
■ほめる技術(ストレスレスコミュニケーション)
■==============================■
■ストレスマネジメントファシリテーター養成講座情報■
■土日の10:00-19:00で資格取得できます
■【11/21,22金沢0期】【12/19,20名古屋0期】
■【2016/2/20-21東京】
■詳細:https://jsca.co.jp/seminars/smfyouseishousai/
■==============================■

今週と来週は、愛知県にて社会保険労務士の
先生方総勢1170人に

「ストレスチェック制度義務化 直前対策講座」
~顧問先の満足度向上のためにはずせない7項目~

という話をしています。

その中から、今週、話忘れてしまったことをメールにて
説明させていただきます。
(参加してくださった先生方、大変申し訳ありませんでした!)

その内容が、
49人以下の事業場のストレスチェック制度
についてです。

結論として、従業員数が49人以下の場合
【ストレスチェック制度はやらない】
ことをお勧めします。

代わりに
ストレスチェック制度【もどき】
を行うべきです。

その心は、、、

ストレスチェック制度は本当に、
めんどくさい制度です。
色々と細かい規定が多すぎます。

特に、ビデオ会議形式での
面接指導可能な医師の条件は
厳しいですね。

そこで提案するのは、
ストレスチェック制度と同様のベネフィットを
ストレスチェック制度もどきとして提供する。

ただし、もどきなので、
電話面談可能
また、ビデオ会議形式でも、
医師の細かい規定はなし、です。

(私のレジュメをお持ちの方は、
p60-61に詳しく書いています。)

もどき、なので、
ストレスチェックテストも場合によっては必要ありません。

こころの耳にある、57問をやって貰えばいいのです。

もどき、なので、
高ストレス者のフォローも簡単です。
医者に行くことをすすめれば、いいのです。

それだけではかわいそうですので、
「高ストレス者は、医者やカウンセリングに行ってください。
その費用は、初回費用、上限1万円まで会社で負担します。
(要領収書)」
と、してはいかがでしょうか。

「結論」
49人以下の事業所は
ストレスチェック制度は行わない。
ストレスチェック制度【もどき】を行う。

愛知県及び近郊の方に2つ連絡です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
不安とストレスに悩んだことありませんか?
たった90分で、もう不安とストレスに悩まなくなる心得が身につきます。

【対象】どなたでも受講可 【講座時間】約90分
【講座概要】
日本ストレスチェック協会のストレス対策講座(入門講座)では、明るく、楽しく、気持ち良く、みんなで考えを共有することで実践的なセルフケアを身につけることができます。最新の行動心理学や脳科学理論と、年間1,000件の産業医面談という現場活動に基づく独自のワークを通じてセルフケアを学びます。
この講座は、2割の(メンタルヘルス)不調者だけではなく、8割の元気な人を対象に開発されました。従来のメンタルヘルス対策講座を、暗い、辛気臭い、深刻すぎという印象で敬遠されていた方に、ぜひ、おススメの内容です。

 

【入門講座「不安とストレスに悩まない7つの習慣」講座内容】
メンタルヘルス不調に陥らないための、3つのセルフケア
ストレスに対する3つの反応
不安とストレスを、対策可能な形で理解する
長時間労働と心身障害の間にある2つのファクター
どうして同じ環境で働くのに鬱になる人とならない人がいるのか
ストレスに悩まない3つの習慣
不安に悩まない3つの習慣
もうひとつの習慣
注意すべき4つの症状
この講座では、ストレスとはどのようなものかを、より実践的な対策を取りやすい形で学びます。講座終了時にはどなたでも、日々の生活の中でより悩まないようになる自分のコツを習得できます。
企業研修におけるリクエストが最も多く、また、評判のいい講座です。日本ストレスチェック協会とはどのような協会か、と思っている方に、ぜひオススメの内容です。

開催日程 :2015年11月21日(土)10:15-11:45
会  場 :プレストーク伏見店 名古屋情報センタービル2F愛知県名古屋市中区栄2-2-17
講  師 :安立 知広
参 加 費 :3,240円
お申し込みはこちらから https://ws.formzu.net/fgen/S76079375/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【名古屋初開催!ストレスマネジメントファシリテーター養成講座受付中】
12月19-20日
日本ストレスチェック協会の理念に共感し、今後の協会の発展にご協力いただける方を募集しています。
不安とストレス対策は、誰でも学べる技術です。現在、今後の協会の発展にご協力いただける方を募集中。プロフェショナルな仲間達と楽しく学び、新しいストレス対策、メンタルヘルス対策を広めませんか。
今年は協会が養成講座を初めて1年目ですので、とくに今後の協会理念の普及、日本ストレスチェック協会の発展、ストレスマネジメントFT達の活動の中心的役割など、積極的にご協力いただける意識の高い方におこしいただけますと幸いです。

詳細はこちらから:
https://jsca.co.jp/seminars/smfyouseishousai
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上、お役に立てば光栄です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Amazonにて販売中です。
http://bit.ly/scmaruwakari
「産業医・安全衛生管理者のための
ストレスチェック制度対策まるわかり」
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

いかがでしょうか?
以上、お読みいただきましてありがとうございます。
コメント、ご質問等、お待ちしております。
bit.ly/jw17lT
全てしっかり、読ませていただいております。ご質問には、真剣にお答えさせていただきます。
■==============================■
■協会の公式ストレスチェック対策本
■産業医・労働安全衛生担当者のためのストレスチェック制度対策まるわかり
■現場の実践的知識がつまっているのが、他の対策本との大きな違いです
http://bit.ly/scmaruwakari

【購読者のためのSC制度ディスカッショングループはこちら】
https://www.facebook.com/groups/SCmaruwakari/
購入した方はグループ加入を申請してください。

【購読者のために90分の特典映像があります!】
ストレスチェック制度ここだけの話(2015.9.9.第1部)
視聴のためのリンクは、上記ディスカッショングループで公開します。

【感想、コメントいただいた方にはさらに特典を用意!!】
以下どちらかで感想やコメントいただいた方は、
ストレスチェック制度ここだけの話(2015.9.9.第2部)
をプレゼントします。
・FBでこの本の写真と感想をupしてください。その際に、
「非営利型一般社団法人 日本ストレスチェック協会」か
「武神健之」か著者の誰かをタグ付けお願いします。
(そうしないと気づけません。)

・Amazonでカスタマーレビューをお願いします。
そのリンクを「非営利型一般社団法人 日本ストレスチェック協会」か
「武神健之」にメッセージで送ってください。
■==============================■
■2016年1月29日 福岡特別講座開催決定
http://hyuman.link/?p=456
■3つの講座が1日で体験できます!懇親会もあります。
■不安とストレスで悩まない7つの習慣
■ストレスチェック制度対策ここだけの話(福岡特別版)
■ほめる技術(ストレスレスコミュニケーション)
■==============================■
■不安とストレスで悩まない技術を身につける入門講座
■【金沢、名古屋、大阪、東京で開催中】:https://jsca.co.jp/semi/
■==============================■
■ストレスマネジメントファシリテーター養成講座情報■
■土日の10:00-19:00で資格取得できます
■11/21,22金沢0期】【12/19,20名古屋0期】
■【2016/2/20-21東京】
■詳細:https://jsca.co.jp/seminars/smfyouseishousai/
■==============================■



コメントを書く







コメント内容



お問い合わせはこちらから