補足的面談担当者の守秘義務の範囲について

2016-06-08

過去メルマガの転載です。もしお役にたちましたら幸いです。

■==============================■
■ストレスマネジメントファシリテーター養成講座情報■
■土日の10:00-19:00で資格取得できます
■【6/11-12福岡】【7/2-3東京】【9/3-4名古屋】【10/15-16大阪】【11/12-13金沢】
■詳細:https://jsca.co.jp/seminars/smfyouseishousai/
■==============================■
■ストレスマネジメントFT養成講座、受講生の声
https://jsca.co.jp/20160220-seminarkansou-html.html
https://jsca.co.jp/20160221-seminarkansou-html.html
■講座の雰囲気はこちらから
https://jsca.co.jp/20160514smftyouseikouza.html
■==============================■
■不安とストレスに悩まない7つの習慣 応用講座
■2016年6月25日(土)10時30分~16時30分
http://bit.ly/onakaouyou7201625
■==============================■

先日の講演で、なるほど、いい質問だ
と思った質問があったので、シェアさせていただきます。

QQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQ
補足的面談担当者の守秘義務の範囲はどうなっているのですか?
QQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQQ

AAA
答え
AAA

以下、あくまで、私の独断と偏見です。

補足的面談に知り得た内容は、
基本的に
ストレスチェック制度実施者に
【全て開示】
して構わない。

本当に開示していいのか
気になる部分(内容)がある場合は、
その部分も開示していいか、
補足的面談受診者に確認しましょう。

上記答えになる、
私の根拠3つ

—————————————————
1.補足的面談の役割はカウンセリングではない
—————————————————
ストレスチェック制度における
補足的面談の役割は、
ストレスチェックテスト高得点者から、

「面接指導を受けるべき人を選ぶ」
「面接指導不要な人を除外する」
ことです。

カウンセリングではありません。

—————————————————
2.補足的面談の最終的な責任者は実施者である
—————————————————
しかも、
面談は「カウンセラー等」、が行うのですが、

最終的な
「面接指導の必要性の有無の判断」は
実施者となっています。

実施者が、判断するのですね。
面談を行っていないのに、です。

だから、
補足的面談を行った人間が
全ての情報を開示しないと、

後々になって、
情報提供が不十分だったから
いい判断ができなかったと、

補足的面談者が実施者に咎められる
可能性があります。

それを避けるためにも、です。

—————————————————
3.実施者は全てを知っていい人間である
—————————————————
そして、ストレスチェック制度における
実施者は、

「全てを知るべき」
人間です。

なので、全てを伝えるべきでしょう。

その内容を、実施者が、
実施事務従事者や会社側に漏らす(漏らした)か否かは、
補足的面談担当者の問題ではありません。
実施者の問題です。

補足的面談等等者は、
自分が提供する情報が、
きちんと(社内等々に)漏れることなく
実施者に伝わることに
注意は必要です。

その先は、実施者(と会社)の問題でしょう。

こんな感じのやりとりを
現在私は、FBグループで行っています。
日本ストレスチェック協会のファシリテーター限定です。

年間1000人の働く人との面談から得られた
実践的知識とスキルを
あなたも身につけませんか?

——————————————————————-
ストレスマネジメントFT養成講座
【6/11-12福岡】【7/2-3東京】【9/3-4名古屋】
【10/15-16大阪】【11/12-13金沢】
詳細:https://jsca.co.jp/seminars/smfyouseishousai/
——————————————————————-

【以下に該当する方にオススメの講座です】
カウンセラーとしての活躍の場を広めたい
研修のコンテンツを強化したい
体系化されたコンテンツを学びたい、伝えたい
ストレスケアに関する知識を得たい
ファシリテーターとして学びたい
不安ストレスに対する具体的な知識、スキル不足を補いたい
エビデンスのある知識を身につけたい
メンタル系研修の幅を広げたい
研修先のアセスメントが出来るようになりたい

【講座の受講をすすめない人(該当する方は、講座参加ご遠慮ください)】
協会理念に共感できない人
講座を開講し稼ぎたいとお考えの人

【ストレスマネジメントFTの実際】
2016年6月現在、北海道から鹿児島まで、
80数名のストレスマネジメントFTが在籍しています。

その属性は、
社会保険労務士、カウンセラー(産業Co、臨床心理士、精神保健福祉士、キャリアCo等)、
保健師・看護師、企業の方(人事、総務、営業)、教育関係者、EAP企業の方、
研修講師、医師、労働衛生コンサルタント、企業経営者等々の方です。

FTno共通点は、
「メンタルヘルスの最前線・現場で、日々活動している」
こと

FT養成講座の後も、
メンタルヘルスに関連するあらゆる専門家の集団で、
日々いろいろなことをディスカッションしています。

協会だけでなくFT自身も各種メディアから注目され、
テレビや新聞に載っているFTもいます。
—————————–
協会のマスコミ掲載情報
https://jsca.co.jp/media
—————————–
岡山のFTがリビング新聞に載りました!
http://book.living.jp/ebooks/living/okayama/kurashiki/20160416/index.html#6
—————————–
日経MJにも載っています
http://bit.ly/1qTty4e
—————————–

ここで学ぶことは、
専門家としてのあなたの(同業他社との)差別化に
新規クライエント獲得のきっかけに
社内で提供できる新しいコンテンツとして
カウンセリングやコーチング技術のスキルアップ
等々に、
ご活用いただけます。

不安とストレス対策は、
誰でも学べる技術です。

プロフェショナルな仲間達と楽しく学び、
明るく楽しいストレス対策・メンタルヘルス対策を
一緒に広めませんか。

【詳しくはこちらから】
https://jsca.co.jp/seminars/smfyouseishousai

先月のメールから数回にわたり、
実際に産業医の私が、
自分の産業医クライエントと

【どのようにストレスチェック制度を乗り越えるのか】
についてお話しさせていただいております。

その前に、ストレスチェック制度の基本的な話と
その後、どのようなメンタルヘルス対策が必要かは
以下書籍で勉強してください。

*************************************************************
アマゾン1位獲得!【ストレス・心の病気部門】
 「不安やストレスに悩まされない人が身につけている7つの習慣」
  http://bit.ly/kt7habs
アマゾン2位獲得!【人事・労務管理】
 「産業医・安全衛生管理者のためのストレスチェック制度対策まるわり」
  http://bit.ly/scmaruwakari
**************************************************************

このメルマガは、上記書籍を読んでいること【前提】で
すすめさせていただきます。

—————————————
復習のためのメルマガバックナンバーはこちら
http://bit.ly/mlmgbcknmb
—————————————

来月は、あなたのご質問にお答えしたいと思います。
ぜひ、知りたい内容、聞きたい内容を教えてください。

このメールに返信していただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

以上、お読みいただきましてありがとうございます。
コメント、ご質問等、お待ちしております。
bit.ly/jw17lT
全てしっかり、読ませていただいております。ご質問には、真剣にお答えさせていただきます。
■==============================■
Amazon 1位獲得!【ストレス・心の病気部門】
「不安やストレスに悩まされない人が身につけている7つの習慣」
 不安やストレスは薬ではなく習慣で解消しよう!
http://bit.ly/kt7habs
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Amazon 2位獲得!【人事・労務管理】
 「産業医・安全衛生管理者のためのストレスチェック制度対策まるわり」
  http://bit.ly/scmaruwakari
■==============================■
■不安とストレスで悩まない技術を身につけるための講座
■メンタル不調者・ハラスメント被害者をださない部門の上長のもつみる・きく・はなす技術の講座
■全国各地で開催中! https://jsca.co.jp/semi/
■(8名以上集まれば出張開催可能です。お問い合わせください)
■==============================■
■動画教材
■産業医が期待するストレスチェック制度の補足的面談と、
■制度開始後に求められるカウンセラーとは
https://vimeo.com/ondemand/20160122hosokumendan
■==============================■
■不安とストレスに悩まない7つの習慣 応用講座
■2016年6月25日(土)10時30分~16時30分
http://bit.ly/onakaouyou7201625
■==============================■
■ストレスマネジメントファシリテーター養成講座情報■
■土日の10:00-19:00で資格取得できます
■【6/11-12福岡】【7/2-3東京】【9/3-4名古屋】【10/15-16大阪】【11/12-13金沢】
■詳細:https://jsca.co.jp/seminars/smfyouseishousai/
■(上記以外での地方開催は4人以上集めていただければ出張します)
■==============================■
■ストレスマネジメントFT養成講座、受講生の声
https://jsca.co.jp/20160220-seminarkansou-html.html
https://jsca.co.jp/20160221-seminarkansou-html.html
■==============================■



コメントを書く







コメント内容



お問い合わせはこちらから