ポンコツ社員は作られる!

人事担当者:「先生、今回妙齢の女性が面談に来ますよ!」
小太り産業医:「なんだか、含みのある言い方だな!」
人事担当者:「以前から、職場でかなり仕事ができないという評判の40歳代の女性です。」
小太り産業医:「なんで、産業医面談になったの?」
人事担当者:「上司から、何か病的な因子がないか見つけて欲しいみたいですよ。そうしないと、周りが納得してくれないようです。」
小太り産業医:「いやいや、勘弁してよ。問題社員の原因探しに利用されるなんて!」

最近、40代女性2人と面談する機会があり、二人とも仕事ができないけど、主張はするという、
職場からちょっと厄介者扱いされている従業員との面談がありました。
でも、よくよく話しを聴いてみると、それは企業側にも幾つか問題があるのです。
今回は、40代のポン・コツ子さん二人について、検証してみようと思います。

一人目のポン・コツ子さん。
40代で独身の彼女。若いときは、「できな~い」、「わからな~い」と言ってもその可憐さから周囲からお許しを得てきました。
男性を籠絡(ろうらく)する、ある意味できる女の”さしすせそ”も使い分けてきました。
さ:さすがぁですぅ~
し:知らなかったぁ~
す:すごいですぅ~
せ:センスいいですねぇ~
そ:そうなんだぁ~
詳しくはこちらをご覧ください。https://youtu.be/yyVIUDx1n34

さて、すこし話が本筋からずれてしまいました。
様々なテクニックを駆使し、男性社員からの寵愛を受けていたポン・コツ子さんですが、気づけば独身で30台後半に突入。
だれも、昔のように男性社員が代わりに業務を請け負ってくれたりはしません。さらにできる若い女性社員も入ってきます。
今まで、まともに仕事ができていない、彼女にとってはさすがに仕事をせざるを得ませんが、もちろんの事ながら全くできません。
「できます!」と言いながらも、ほぼ100%期日に間に合わない事が多くなり、職場から去りトイレに籠もり泣いていたり、
期日最終日に突然体調不良で休むなどを繰り返すようになりました。
さらに、虚言を弄するようにもなってきました。
そこで、産業医に相談が来ます。
「ちょっと、職場で困っている女性社員がいるけど、一度面談をしてもらえないか・・・」と。
正直、この手の相談は困ってしまいます。
それは、なぜか?本人の自覚が無いので。

当然のことながら、産業医との面談もそのようになっていきます。
小太り産業医:「今日は、職場の方がコツ子さんの事を心配して、私の所に相談があったので面談を設定しました。」
ポン・コツ子さん:「何のことでしょう?」
小太り産業医:「コツ子さんがトイレに籠もってしまったり、勤怠が不良になることを心配してるんですよ。」
ポン・コツ子さん:「私、大丈夫です!」
小太り産業医:「お仕事が間に合わないぐらい、仕事量が多いのですか?」
ポン・コツ子さん:「そんなことありません!大丈夫です!」

ポン・コツ子さんに何を質問しても全て「大丈夫です!」という、根拠が薄弱なお答えをいただきます。
仏の顔も三度まで。仏でも何でもない私はそろそろ、どうしようか考え、今までの起こった事実について突きつけたところ・・・。

ポン・コツ子さん:「・・・。」

チ~ン。思考と会話が同時に停止してしまいました。
女性との間での沈黙楽しめず、恐れてしまう小太り産業医としては、必死のアイコンタクトで保健師に助けを求めます。
同性である保健師はポン・コツ子さんに厳しい目を向けて言い放ちます!

保健師:「どうですか?今の仕事量とレベルはあなたの許容範囲をとっくに超えていませんか?」
ポン・コツ子さん:「はい・・・」

産業医としては、様々な側面からポン・コツ子さんの体調を考慮すべく、
内科と産婦人科でのホルモン検査を本人に期日を設定して結果を持ってきてもらうように依頼したのですが、
期日までに提出が無く、産業医との面談日に電話も無しでドタキャンする等を3度ほど繰り返しました。

パーソナリティ障害も念頭に、精神科への紹介状を作成し、受診するように勧めましたが拒否。
しかし、あまりにもパフォーマンスが悪い状態が続くので、保健師同行で内科、産婦人科、精神科を受診させました。
すると・・・。

内科、産婦人科でのホルモン検査は問題なし、精神科からは”統合失調の疑い”と診断書が提出されてきました。
精神科の先生は、継続した受診により確定診断に近づけることができると述べていらっしゃいましたが、
本人はどうしても精神科受診を拒否します。
しかし、その後も勤怠は不良、出勤しても寝ているか、席に居ない事が多いため人事は譴責処分を検討し始めました。
本人もそれが伝わると・・・。

ポン・コツ子さん:「私、休みます。」と自主有給休職に入ってしまいました。

長くなってしまったので、続きます。

——————————————————————–
文責:新井 孝典(あらい こうすけ)
株式会社 なごや産業医事務所:http://nagoya-sangyoui.com/
代表取締役 所長
認定産業医/労働衛生コンサルタント
認定内科医/循環器内科専門医
日本ストレスチェック協会理事・ファシリテーター
——————————————————————–


Warning: Use of undefined constant writer - assumed 'writer' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/drtakegami/jsca.co.jp/public_html/stressnews/wp-content/themes/child/content-single.php on line 16