2015年2月11日 受講生の声2:入門講座 福岡開催

皆様の意識が高く、盛り上がった福岡講座ツアー感想の第2弾をシェアさせていただきます。

セミナーを受ける前と後とでは、あなたの中にどのような変化がありましたか?

  • ・学生に教えてあげたい内容が明確になった。今まで無意識で行っていたことがストレス・不安軽減につながっていたことが理解でき、今後も意識して実践しようと思った。(40代、女性、看護師)
  • ・この講座を広めていきたいと思います。一般や契約企業様に話していけたらと思います。(30代、女性、カウンセラー)
  • ・自身でやってみようというセルフケアがみつかった。(30代、女性、カウンセラー)
  • ・ストレスとうまく付き合いたい、意識して、楽しいことを増やしたい。(30代、男性)
  • ・ストレスへの対応の仕方によっては、メンタルヘルス不調を減らすことができるかもしれないと思いました。(40代、男性、社労士)
  • ・ファシリテーター養成講座受講決意、もっと自分を大切にする。(50代、女性、キャリアコンサルタント)
  • ・自分はストレスに強いと思っていたが、時々不安になることもあるので習慣化できていない、構える、捨てる、書くをできるだけ取り入れていきたい。(50代、女性、保健師)
  • ・ストレスに強い人、弱い人がどのような人かということが理解できたように思う。(50代、女性、保健師)
  • ・明るくなった。(40代、男性)

本日の気づきを活かして、すぐに実行することはどんなことですか?(具体的に)

  • ・書くこと。構えることについて想定外の最悪な状況を考えてみたいと思う。
  • ・捨てること、不安を0ではなく、満足を増やす。(30代、女性、カウンセラー)
  • ・一番は睡眠を考える。時間を(ふとんの中の)もう少し増やす。
  • ・最悪のシナリオから計算して、ダウンを増やし自分も皆も成功させたい!(30代、男性)
  • ・自分が今後行なうセミナーで今日の講義のエッセンスを取り入れたいと思います。(40代、男性、社労士)
  • ・マイナスの思考を捨てる。自分の時間を大切にする(50代、女性、キャリアコンサルタント)
  • ・「構える」の部分で、ワースト、ベストシナリオを考えるようにしたい(50代、女性、保健師)
  • ・不安について書く(箇条書きにする)ということ、ぜひ実行してみようと思いました。不安が強くなった時の自分の姿勢を意識したいと思いました。(50代、女性、保健師)
  • ・満足感をあげることに取り組みたい。(40代、男性)

20150211設問3

20150211設問4

関連記事

  1. 総勉強会のお知らせ

  2. 職場のストレスでメンタル不調になりやすいのはこの3タイプ

  3. 大阪でもイベント開催します

  4. ストレスチェック制度の実施者を無料で引き受けるためには?

  5. 福岡/大阪/東京の出版記念セミナーの特典はすごいです

  6. 【不安とストレスに悩まないヒント】未来はあなたが選べます。

受付中の講座案内

標準的な講座は以下2つです
【不安とストレスで悩まない7つの習慣】
【みる・きく・はなす技術】

【全国で展開中。詳細はこちらへ】 【毎月第3金は協会本部@初台で開催中】


【FT独自の切り口で、不安とストレスに悩まない習慣+αが学べる体験講座】

【全国で展開中。詳細はこちらへ】


【メンタルヘルスファシリテーター養成講座受付中】

【東京】2020年11月28日-29日

【第4回総勉強会@東京 受付中】

【東京】2021年3月13日

【講演依頼受付中】

SC制度、ストレス対策、管理職研修、SC施行後のリスクマネジメント等、様々な切り口で講演させていただきます。詳しくはお問い合わせください。



■メディア掲載情報はこちら

Facebook

入江氏とのコラボ動画第1弾!