メンタルヘルス健診における個人情報とプライバシーについて

メンタルヘルス健診(ストレスチェックテスト)の結果の扱いにおいて、個人情報とプライバシーの問題を解決することは避けては通れない課題でしょう。
(個人情報とは、個人を特定しうる情報。プライバシーとは知られたくない権利に関わる情報。としています。)

 

近い未来にはじまるであろうのメンタルヘルス健診は、様々な可能性を秘めています。

・高ストレス該当になったのに、産業医等の面談を希望しなかったじゃないか!と、会社側が自らの正当性を示すために利用する可能性、

・社員の多くがストレスを持っているというマス データがありならが、何も対策をとっていないじゃないか、安全配慮義務違反だ!と、従業員側が会社の落ち度を示すために利用する可能性、

・個々人のセルフチェックのきっかけになり、本当に組織における精神的疾患人が減る可能性、

・得られたマス データの解析結果を、うまくシステムの変更や人事異動に役立てられる可能性、 などがあります。

 

危険性のみ、有用性のみを挙げて、「使うべきか使わざるベキか」を論じるよりも、「危険性をなるべく抑えて、有用性をなるべく向上させるには?」という視点で考える方が、もしかすると建設的なのかもしれません。
収集したデータをどう使うかは、利用する側にかかっています。

同じ技術であっても、使う人により有益になることもあれば、危険になることもあるのが事実です。
この点をしっかりと認識し、ストレスチェックテストを提供する側での一定のルール作りが必要と思います。

ご賛同いただける企業の方は、ぜひ、一緒に活動しましょう。
「お問い合わせ」を通じてご連絡いただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

関連記事

  1. 月曜日がブルーになりやすい人の3つのパターン。

  2. ストレスチェック項目等に関する専門検討会 中間とりまとめ(案)

  3. 「有給休暇に関する2つのお話」に対するご感想共有

  4. ストレスチェックテストに関するチェックテスト

  5. 外資系企業で働く人のメンタル事情

  6. 働き方改革で今起きている現実

受付中の講座

【不安とストレスで悩まない7つの習慣】
【みる・きく・はなす技術】

【全国で展開中。詳細はこちらへ】

【毎月第3金は協会本部@初台で開催中】

【FT独自の切り口で、不安とストレスに悩まない習慣+αが学べる体験講座】

【全国で展開中。詳細はこちらへ】


【ストレスマネジメントファシリテーター養成講座受付中】

【東京】2019年2月23日-2月24日

【メンタルヘルスファシリテーター養成講座】

現在募集しておりません

【講演依頼受付中】

SC制度、ストレス対策、管理職研修、SC施行後のリスクマネジメント等、様々な切り口で講演させていただきます。詳しくはお問い合わせください。



■メディア掲載情報はこちら

Facebook