「美女と野獣」の奇跡!


 ようやく私の町にも 桜の季節が訪れました。
 ところで皆さん、山崎育三郎(いくさぶろう)さんをご存知ですか?
 ミュージカル俳優・歌手で 奥様は なっちこと安倍なつみさんです。
 ディズニーアニメ『美女と野獣』がエマ・ワトソン主演で実写映画化されますが、今回この野獣役の吹替えに、山崎育三郎さんが起用されました。

 2月に放送された日テレ「アナザースカイ」に出演した際に知った、彼の半生がとても印象的でした。
 彼は子どもの頃からミュージカルの世界で活躍していましたが10代で挫折を味わい、一人でアメリカ・ミズーリ州の高校に留学するのですが、その中には日本人どころかアジア人一人すらいない中、英語も話せず、毎日 恐怖と不安に怯えながら、一人ぼっちの学生生活を送っていました。

 そんな時、学校のイベントで奇跡が起きます。誰とも話せず、皆がダンスをする中、彼は『そうだ!ここで自分の得意なダンスを披露しよう!』そう意を決してホールの中央に飛び出し踊り出したのです。すると周囲が驚き「一体、彼は誰だ?!」「なんだよ、最高にダンスが上手いじゃないか!」と、あっという間に「イ~ク、イ~ク!」と、いくさぶろうコールが! それ以来、彼は学校や町で人気者に…

 実は、それが彼の人生の転機だったのです。そこでようやく自信を取り戻した彼は、日本に戻ってから瞬く間に実力が認められ、現在の活躍へと繋がりました。自信を取り戻せた 原体験だったのです。

 あの時、どんなに怖かったでしょう?どんなに勇気が必要だったでしょう?
 でも、その勇気の一歩を踏み出したからこそ、人生が大きく開けたのです。
 小さい頃からずっと、ディズニー映画を何度も観ては、いつか自分も…と願い続け、今回の起用で「ついに夢が叶った!」と喜び勇んで引き受けたそうです。

 春は、親元を離れ大学に通う人や、就職して新社会人になられた方も多いでしょう。
 新たな人間関係を結ぶにも、自分の存在をアピールする為にも、仲間を作るにも やっぱり最初は…
 ‟勇気の一歩“ が必要です。職場においても、個人的な友人関係にも、どうしてもかかせないのは
 人との「コミュニケーション」です。どんなに恐そうに見える相手も、一見冷たそうに感じるあの先輩も、こちらが笑顔で声を掛ければ、‟自分から“ 挨拶すれば、どんな人も嫌な顏はしないはず!

 一回くらい無視されても、めげずに声を掛けてみて下さい。
 アナタにも ”育三郎“のような 奇跡のコミュニケーションが起きるかもしれませんよ!

 もうすぐ公開の映画「美女と野獣」の圧倒的な美の世界に どっぷり浸りながら、張り詰めた 春の疲れを一気に吹き飛ばし「区切る」時間を作りましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
荒木 三香(あらき みか)
カウンセラー/ 色彩心理コンサルタント
Couleuve -クルーヴ- 代表
URL: http://www.couleuve.com/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓