ストレステストチェックについて


お気楽産業医ママです。

ストレスチェックテスト、昨年の12月から、50人以上の会社では義務化されてます、というのは、総務の方ならみなさんご存知のことと思います。

ああ、面倒くさい・・・。一年に一回やったところで、本当にその人のメンタルの状態がわかるのかしら。一週間前に失恋してたらどうなるのかしら。そもそも、会社は信用されているのかしら。

っていうか、政府が出しているシステム自体にこないだ間違いを発見し、あるクライアントさんで、「なんかやる気失う・・」という話になったばかりでした。

このストレスチェックテストの義務化は、はっきり言って泥縄、システムバージョンアップが8月(ってこないだじゃない!)だったり、そもそも簡単に会社でダウンロードとかできないよ、とか、結構なハードルが高いものになっております。いやあ、外注する方の気持ちもわかる。

私がご訪問している会社は、メンタルヘルスチェックはほとんどの会社でとうの昔にスタートしていて、それを今回は応用する形にしたものがほとんどです。

細かいことはご質問があれば別途、ということで、今年は、「まずはやってみる」「小さく回す」がポイントだと思います。

人数規模にもよりますが、一回回してみないと、会社の「高ストレス」が何点ぐらいになるのかわからないし、シュミレーションは大事だと思います。まずはちっちゃく。そしてやってみる。周りのやり方を見ながらやる、それでいいと思います。

でもせっかくのメンタルヘルス、形骸化させるのは勿体無い!早期発見、早期治療、会社のために、一年に一回ではなく、もっと簡単バージョンでもいいから、私は最低4半期に一回はやってほしいな〜。

——————————————————–
お気楽産業医ママ
野尻紀代美 
(有)ウエストフィールド・コンサルティング代表
https://www.facebook.com/westfield.consulting.Inc/
産業医、労働衛生コンサルタント、内科医(呼吸器内科)
——————————————————–

↓