メンタルヘルスEAPサービス比較

ストレスチェックテストにおける、日本ストレスチェック協会と一般的メンタルヘルス系EAPサービスとの違い

EAPサービス企業のストレスチェックテストを利用する場合の注意点

1. 有料。

2. 簡単なものから複雑なものまで、様々な設問設定があるが、独自のものの多くは信頼のある医学的根拠に欠けるので、使用前にその確認が必要。

3. 利用できるのは、企業がそのEAPサービスの利用会員である場合のみ。個人向けの無料サービスはないことがほとんど。

4. 独自のストレスチェックテストはその判定根拠が不明確なため、EAP企業のその他のサービスを個人や法人により利用してもらいたい場合、高ストレス群該当が多くなる(閾値の低い判定となりやすい)傾向が否定できない。

EAP企業よりも日本ストレスチェック協会の利用を推薦する理由

1. 無料で、個人も法人も、どなたでも使えます。

2. 有料サービスにおいても、料金体系が明確です。

3. 付随サービスの売り込みは一切ありません。

日本ストレスチェック協会は、ストレスチェックテストをローコストで提供しています。

 

関連記事:


コメントを書く







コメント内容



カテゴリー:  

トラックバックURL

お問い合わせはこちらから