メンタルヘルス「健診」と「検診」の違い

「健診」とは、健康診断のことを意味し、健康であるか否かを確かめるものです。

予防医学には病気の発生そのものを予防する「一次予防」の段階がありますが、健診はこの一次予防とリンクすると考えられます。

つまり、「健康であること」の確認をするために、「病気の危険因子」があるか否かを見ていくものです。「特定の病気」を発見していくものではありません。

運悪く病気の危険因子が見つかり、リスクがあると判明した場合には、生活習慣を改善して健康管理に努めなければなりません。ちなみに人間ドックもこの健診に含まれます。

 

一方、「検診」は、特定の病気を早期に発見し、早期に治療することを目的としています。

これは、予防医学の「二次予防」にあたるもので、一次予防の健診とは目的が大きく異なります。例えば、「がん検診」「乳癌検診」などが、検診の代表例として挙げられます。

メンタルヘルス「健診」なのか、メンタルヘルス「検診」なのか、厚生労働省からの公式の発表や、労働安全衛生法の中にはこの言葉がまだ、ありません。(見つけた方は、ぜひ、ご連絡ください)

 

一般的なスクリーニングであること、健康診断と同様の扱いである事を考えると、メンタルヘルス健診でいいような気がします。

本ストレスチェック協会では、当分の間、「健診」を使っていこうと考えております。しかし、記事の中には、「検診」を用いているものもあります。ご理解、ありがとうございます。

関連記事

  1. メンタル休職者の平均休職期間は5.2ヶ月

  2. 社会保険労務士のためのストレスチェック制度義務化直前対策講座資料

  3. 「はなす技術」について

  4. 働き方改革で今起きている現実

  5. パワハラ問題の対処が、こじれてしまう訳3つ

  6. ストレスチェックテストの項目はココ!

受付中の講座

【不安とストレスで悩まない7つの習慣】
【みる・きく・はなす技術】

【全国で展開中。詳細はこちらへ】

【毎月第3金は協会本部@初台で開催中】

【FT独自の切り口で、不安とストレスに悩まない習慣+αが学べる体験講座】

【全国で展開中。詳細はこちらへ】


【ストレスマネジメントファシリテーター養成講座受付中】

【東京】2019年2月23日-2月24日

【メンタルヘルスファシリテーター養成講座】

現在募集しておりません

【講演依頼受付中】

SC制度、ストレス対策、管理職研修、SC施行後のリスクマネジメント等、様々な切り口で講演させていただきます。詳しくはお問い合わせください。



■メディア掲載情報はこちら

Facebook